日新インテック株式会社 沿革

1946年(昭和21年)2月 東京丸ビルに本社をもつ東亜車体工業株式会社が、札幌市中央区北3条東11丁目に札幌工場を開設、米国進駐軍関係の家具建具を製造する営業を開始。
1951年(昭和26年)12月 日新木材工業株式会社設立と同時に東亜車体工業株式会社から、その設備、営業すべてを譲り受ける。同年、菊水上町に本社および工場を設置、本格的な営業を開始する。
1960年 昭和35年4月 このころから徐々に造作工事関係の仕事を始める。
1980年(昭和55年)4月 時代のニーズにより、このころから積極的に設備投資を始める。
1984年(昭和59)年5月 エッヂバンダー、7軸モルダーなど、大型機器をさらに導入。生産部門の充実を計る。
1988年(昭和63年)11月 コンピュータ製図を可能にするCADシステムを導入。オリジナルのデータソフトも開発。
1989年(平成元年)11月 札幌市白石区米里に新工場用地(2,788坪)を取得。
1989年(平成元年)12月 AS-400製造原価システムを導入。コンピュータによる管理システムをさらに整備。
1990年(平成2年)7月 NC工作機械導入。将来的なCIM化に向けて、準備を始める。
1992年(平成4年)4月 CI計画を導入し、企業活動を活性化。社名を「日新木材工業株式会社」から「日新インテック株式会社」に変更。
1993年(平成5年)4月 見積システムを導入し積算業務の省力化とスピード化を達成。
1996年(平成8年)7月 マイクロキャダムVer3.15導入、ラスターモジュールを追加導入しCADシステムの充実を計る。
1996年(平成8年)8月 米里に社屋・工場を新築し移転する。同時にNCL型テノーナー・ボーリングマシーンなど大型機械も導入。
1997年(平成9年)1月 工程管理システム導入により作図、制作、取付のトータル管理を実現。
1997年(平成9年)4月 予算管理システムを導入し、営業から工事完了までのオールシステム化を実現。
1998年(平成10年)5月 NCルーターの導入で人工大理石の加工等を本格化。
2001年(平成13年)12月 中期経営計画に基づき品質管理、コストダウンに努める。
2002年(平成14年)2月 グループウェア「サイボウズ」を導入し、社内情報の一元管理を実現。
2004年(平成16年)12月 2台目のNCボーリングマシーン、NCランニングソーを導入し、多品種、少量生産に対応し、更に短納期化を計る。
2006年(平成18年)1月 2台目のNCランニングソーを導入。
2006年(平成18年)4月 6軸NCドア加工機を追加導入。AUTO CAD導入。
2006年(平成18年)10月 エッジバンダーを追加導入。
無線LANを利用した社内ネットワークを構築し、最適なオフィス環境を整備。
ホームページを開設。
2007年(平成19年)5月 3台目のNCランニングソー、4台目のコールドプレス導入。
2009年(平成21年)10月 環境保護活動の一環として、一般社有車にハイブリッド車を導入。
2010年(平成22年)3月 新規事業プロジェクトとして、ペットホテル「Dog Love Qua」を開業。
2011年(平成23年)8月 木質ペレット製造機を導入し、自社の廃材の再利用と地球環境問題への対応を計る。
2011年(平成23年)10月 工場にペレットストーブを導入し、カーボンニュートラルを実践する。
新型トラック(ウィングボデー)導入し、デリバリーの安全化とスピード化を実現。
2012年(平成24年)7月 4台目のNCランニングソーを導入。
2012年(平成24年)10月 発注管理システムを再構築し、業務プロセスの効率化を達成。

INTERVIEW 先輩インタビューを見る!

1.日新インテックで働くメリット ADVANTEGE

日新インテックがどういった思いで製品を作り上げていくのか。日新インテックで働くことはどんな意味を持つのか。家具建具メーカーとしてのコンセプトをご紹介させていただきます。

2.目指す未来と育成方針 VISIONS

昨今、建築空間において、お客様のニーズが高度化・複雑化してきております。限りある資源を無駄なくカタチにすること、それは私たち「木」を扱う者に課せられた大きな使命であると感じます。

3.求職者へのメッセージ MESSAGE

私たち、日新インテックが求める人財像。将来のキャリアを考える上で共有したい日新インテックからのメッセージをお届け致します。

© Nissin Intec co., ltd. All Rights Reserved
スマートフォンサイトへ